So-net無料ブログ作成

そ~ほっとにゅ~す

今いちばんアツい(アツそうな)ニュースをピックアップ!斜めの角度から切り込んでいきます!

 

ウェンブリー・スタジアム 日本代表 [スポーツ]




ウェンブリー・スタジアム 日本代表

現在行われているロンドンオリンピックでサッカー日本代表が大活躍。

サッカー日本代表はU-23サッカー男子日本代表に加え、なでしこジャパンことサッカー女子日本代表がそろって準決勝に進出した。

そこまで来てやっと立つことができるのが、サッカーの「聖地」と呼ばれるウェンブリー・スタジアム。

detail_19_2.jpg

そんなウェンブリー・スタジアムは今回のロンドンオリンピックでは男女の準決勝・決勝の会場となっている。

ウェンブリー・スタジアムと言えば、サッカー発祥の地、イングランドの総本山であることから「サッカーの聖地」と呼ばれている場所。

このスタジアムはイングランドサッカー協会(FA)の所有であり、サッカーでは主に代表チームの公式戦、あるいはFA主催のクラブチームの主要公式戦であるFAカップやその決勝戦などしか使用されることはない。

従ってサッカーをするためにウェンブリー・スタジアムのピッチに立つためには特別な事情がない限り立つことができないまさにサッカーの「聖地」なのだ。

イギリスのスタジアムの中で「UEFAエリートスタジアム」に指定されているのはロンドンオリンピックで男女の決勝・準決勝が行われる「ウェンブリースタジアム」、準々決勝でなでしこジャパン対ブラジルが行われた「ミレニアムスタジアム」、そして準々決勝でU-23日本代表がエジプト代表に勝利した「オールドトラフォード」の3つだけである。

また、ウェンブリー・スタジアムは、音楽のコンサートやサッカー以外のスポーツ大会の会場としても使われる多目的スタジアムである。

この新ウェンブリー・スタジアムはかつての旧ウェンブリー・スタジアムを解体してその地に建設されたもので、2003年に着工し2007年3月10日に改修終了。

フルオープンは5月19日のFAカップ決勝戦だった。

ウェンブリー・スタジアムの収容人数90,000人は、スペイン・バルセロナのカンプ・ノウに次いでヨーロッパ第二の大きさであり、屋根のついたスタジアムとしては世界最大である。

ウェンブリー・スタジアムの過去最大入場者数は89,874人(2008年5月17日 FAカップ決勝 カーディエフ・シティー FC vs ポーツマス FC)

また、その建設費はスタジアム史上、7億9800万ポンドとも言われており、完成後は旧ウェンブリー・スタジアムと区別するために、「ニュー・ウェンブリー・スタジアム」とも呼ばれた。

改修前のウェンブリー・スタジアムのシンボルであったツインタワーは姿を消し、今ではスタジアム上部のあーちがシンボルとなっている。

Wembley_Twin_Towers.jpg
(改修前の旧ウェンブリー・スタジアム)

800px-England_mai_2007_040.jpg
(改修後のニュー・ウェンブリー・スタジアム)

2007年にはアメリカ大陸以外で初ンおNFL公式戦「ニューヨーク・ジャイアンツ対マイアミ・ドルフィンズ」の氏阿kがおこなわれた。

2011年にはUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11の決勝戦が行われ、2012年のロンドンオリンピックではサッカー競技の準決勝戦・決勝戦がおこなわれる。

そして6日、一足先に行われたなでしこジャパン(女子日本代表)vsフランス代表の一戦。

フランス代表とはロンドンオリンピック直前に親善試合を行っており、その時は0-2で敗れている相手だったが、フランスの猛攻をゴールキーパーの福本を中心に守り切り2-1で見事なでしこジャパン(女子日本代表)が勝利し、決勝戦に進出!

U-23サッカー男子日本代表よりも一足先に一番良い色のメダルへの挑戦権を得た。

そして7日、今大会快進撃を続ける男子日本代表がウェンブリー・スタジアムに登場し、メキシコ代表との準決勝をむかえた。

奇しくも44年前のメキシコオリンピックで日本代表が銅メダルを決めた相手。

9万人収容の聖地ウェンブリー・スタジアムで行われえる日本代表vsメキシコ戦のチケットは完売。

オールドトラフォードで7万772人の大観衆の中でプレーをした日本代表だが、ウェンブリー・スタジアムには8万人以上の観客が入り、過去の日本代表のゲームとしては史上最大の観衆の前でおなわれた試合となった。

結果は前半大津裕樹のゴールで先制をするもののメキシコに追いつかれ、結果1-3で敗退。

10日におこなわれる3位決定戦に回ることとなった。

サッカーの聖地ウェンブリー・スタジアムで、男女そろって勝利を手にし、なでしこジャパン(女子日本代表)は金メダルを、男子日本代表は銅メダルをとも首からかけることはできるのだろうか。

何よりも最後の最後までウェンブリー・スタジアムでサッカーができる喜びを全身で感じてもらいたい。

~ ウェンブリー・スタジアム 日本代表 ~





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
プロバイダ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。