So-net無料ブログ作成

そ~ほっとにゅ~す

今いちばんアツい(アツそうな)ニュースをピックアップ!斜めの角度から切り込んでいきます!

 

カテゴリー:政治

google トップページ 選挙 [政治]

google トップページ 選挙

今日のgoogleのトップページは衆議院選挙です。

今回の選挙はたくさんの政党があったり、東京都知事選とW選挙になっていたりとgoogleさんもトップページのデザインに採用するなど注目度も高いみたいですね。

g121216a.jpg

東日本大震災後初めての衆議院選挙ですから注目度が高いのもあたりまえですね。

今回の衆議院選挙は、これまでと違って外国でも注目をされているようです。

その要因は、もちろん東日本大震災についてもそうですが一番の理由は対中外交についてのようです。

東アジアでの影響力を拡大し続けると同時にその周辺国への圧力を高めている中国に対して、実質的にそこにアンカーをかけているのは日本であり、日米安保を結んでいる米国の存在。

そうはいっても中国の莫大な人口マーケットに対しては米国も当然の事ながら無視することはできず、日中の比重をどうするかの岐路に立っているところ(実質的にはもう既に中国>日本かもしれませんが)。

そんな中、現政権の民主党がこれまでの外交を鳩山外交等でグッチャグチャにしたこともあり、次の政権がどこなのか?その数はどうなるのかには少なからず注目を集めているようです。

一方の国内では、さほど主張の違わない政党が選挙前に政党交付金欲しさに乱立し、ついにその数は10を超えました。

今回の選挙で第一党に返り咲くことがほぼ確実な自民党に対して、華麗なまでに沈んでいくことが明確である、いわゆる「泥船化」してしまった民主党からは離脱者が続出。

これまでの主張はどこへやらで、人気取り目的で話題の日本維新の会に移ったり、これまで所属していた政党をたった一期で鞍替えして非難したりとあまり好印象の持てない状態が蔓延しています。

今回注目の第三局についても終盤ですったもんだが満載。

注目の橋本徹大阪府知事と石原慎太郎前東京都知事がタッグを組んだかと思えば討論会やメディアの前で、一つの政党になったにも関わらず、発言の相違・撤回や訂正のオンパレード。

当然そんな日本維新の会の人気にあやかりたい人たちは維新の会の態度に右往左往。

結局、同一行動をとることができない政党が続出しました。

これも維新の会の狙いのひつつだったのかもしれませんね。

そんなこんなで色々あった今回の衆議院選挙ですが、一度の選挙に使われる国民の税金は約4兆円とも言われています。

そして当選者は何事もなければ今後1期4年間の報酬と人気が終わった後の退職金が約束されます。

つまり、今回の選挙で有権者は自分たちのお金を誰に使わせてあげるかを決めるのが選挙と言うことです。

「選挙は面倒くさいからいかない」と言う人は、高いお金を払って購入しているチケットを使わずにゴミ箱に捨てているのも同然です。

残念ながらもうチケットは購入してしまっているのです。

だから、もったいないのでそのチケットはしっかりと使いましょう。

極端な話、たとえ誰がどんな人かも知らなくても、自分の意志も示さず勝手にお金を使われるより、自分の意志で「どうせだったらこの人に使っておらった方がマシかなぁ。」と思って投票した方が諦めも付くというものです。

もし税金を使われるのが嫌な人は、次回から税金を使う側に回ってみてはいかがでしょうか?

立候補すれば、しかも見事当選することができれば、税金をがっちり使うことができますよ!

・・・

まぁ、正直そんな同期で立候補されても、それこそ税金のムダなので困りますけどね(苦笑)

と言うことで、税金を使う側に回る気がない人でまだ投票に言っていない人は、その選挙権がもったいないので、とりあえず投票に言ってみてはいかがでしょうか?

たかが一票ですが、現実に一票差で当選者と落選者が決定した事例もありますし、現在の若者と高齢者に使われる税金の割合は1:11と言われています。

投票にいかない割合は若者の方が圧倒的に多いでしょうから、もしそのことに不満を感じている若者諸君は是非その意思を示してみてはいかがでしょうか?

4年に一度の税金をバラ撒く大イベントである総選挙。

あなたはもう投票に行きましたか?

それともまだですか?

明日のgoogleのトップページの画像が選挙結果に関わるものになるのかどうかも楽しみですね。

~ google トップページ 選挙 ~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

石原慎太郎 太陽の塔 [政治]

石原慎太郎 太陽の塔

石原慎太郎が「太陽の塔」、、、いや、「太陽の党」を立ち上げましたね。

しかし「太陽の党」とは、大阪万博で岡本太郎が製作した「太陽の塔」にかけているのでしょうか。

というのも、石原慎太郎の著書に「太陽の季節」という作品があり、岡本太郎が大阪万博で製作したモニュメントの「太陽の塔」がその「太陽の季節」からとられたという話があるからです。

石原慎太郎らしいと言えば石原慎太郎らしいネーミングですよね。

しかしご本人いわく、「太陽の季節」や「太陽の塔」とは関係がなく、

「閉塞(へいそく)する日本の現状を打破し、再び太陽の昇る国にしたい」

という思いから名付けられたのだそうです。

そんな風に言うあたりも石原慎太郎らしい気がします。

また、石原慎太郎の事ですから「太陽の党」は「太陽の塔」だけではなくめでたいことの象徴にも使われ、軍国旗などにも使われている「旭日旗」にもかけているのではないでしょうか?

旭日旗を振ると中国や韓国は起こりますが、太陽から四方八方に苦もなく広がる意匠は「天晴れ(あっぱれ)」として景気の良いことを表し、祝い事やスポーツの際に今でも使われています。

・景気の悪い現在の事
・大阪万博の時のように経済成長に向けて景気を上げていこうということ
・自著の太陽の季節
・最近問題になっている領土問題などに対する政府の弱腰外交に対する批判

など、様々なことをかけて出した名前が「太陽の党」だったのではないかと、勝手に勘ぐっています。

さすがは石原慎太郎と言ったところでしょうか。

ただ、もうおじいちゃんなので、ちょっとその後が、、、くっついてきたのもおじいちゃん軍団の「立ち上がれ日本」だけでしたしね。

そうはいっても、一見おかしなこの「太陽の党」というネーミング。

最近あった「国民の○○が第一」と言うようなネーミングとはちょっと思考が違うような気がします。

考えすぎでしょうかね(笑)

~ 石原慎太郎 太陽の塔 ~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

田中法務大臣 経歴 [政治]

田中法務大臣 経歴

田中慶秋法務大臣(民主党)と言えばつい先日、過去の経歴が週刊誌にスキャンダルされ、外国人献金や暴力団関係者との交際したという経歴が公になり、問題になっていましたね。

田中慶秋法務大臣はそんな経歴が公になり、「宴席へ出席したり、仲人をした事はあるが、暴力団関係者というのはあとからわかった事だ。わかっていたら出席していない。」と述べ、事実関係を認めたものの、法務大臣の辞任は否定していました。

そもそも、仲人って相手の事を知らないのにやることでしょうか?

このあたりがなんとも政治家らしいというか、法務大臣と言えば、国家の方の最高権力であるわけですから、嘘をついたり、暴力団とのつながりがあるような人が法務大臣として座ってるという事は、一国民として本当に納得のいかない事です。

田中慶秋法務大臣はその経歴と事実関係について「過去の事であれ、誤解を招くような事があったので率直に反省し、永梨を正して、しっかりと職務を果たしてまいりたい」と法務大臣のイスから下りる事を駄々をこねていますが、「誤解をまねいた」のではなくて「事実」なのですし、もう子供ではないのですから潔く大人の対応をとってもらいたいものです、、、

あっ、今の政治の世界では「大人の対応」と言えば「はぐらかしたり、記憶をとばしたりすること」のようですから、それでは困りますね。。。。

じゃぁ、何の対応と言えば良いでしょうかね?

まいりました。。。

そんな田中慶秋法務大臣。

本日18日の参議院決算委員会にて、自民党から外国人献金や暴力団関係者との交際が発覚した田中慶秋法務大臣の出席を要求しておりましたが、民主党と田中慶秋法務大臣はこれを拒否。

田中慶秋法務大臣は何かの国会の決算委員会よりも何かの式典出席を優先させているようで、午後の国会審議も始まるや否や田中慶秋法務大臣がいないことで即休憩に。。。

国会は全く回っていない模様です。

自民党政権時代に民主党が良い間違いを指摘してどんどん総理大臣や閣僚を引きずり降ろしていたがかわいい事に思えますね。

全く最近の大人には困ったものです。。。

~ 田中法務大臣 経歴 ~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

神と呼ばれた男 BS日テレ [政治]

神と呼ばれた男 BS日テレ

BS日テレは15日韓国の連続ドラマ「神と呼ばれた男」の放送を当面見合わせるを決めた。

BS日テレで放送を予定していた「神と呼ばれた男」には、先日領有権を主張するため水泳で竹島に渡ったソン・イルグクが主演している。

121985414299016201418.jpg


「神と呼ばれた男」見送りの理由を「視聴者から抗議や批判を受ける可能性を考慮した」としている。

また、BS日テレは「神と呼ばれた男」の代わりに同氏が出演しない別の「韓国ドラマ」を放送するという。

韓国ドラマは購入費が安く、反流ファンの需要が見込めるため、特にBSでの比重が高い。

そんな理由もあり韓国ドラマは1日最大6本の放送をしている。

現在は高校野球が放送されているため韓国ドラマを多くは放送していないが、それでも「韓国ドラマをやめろ」と言う電話が多いと関係者は話す。

このような反応があらわすところは、問題は「神と呼ばれた男」を放送するかどうかではない。

ということなのだろう。

~ 神と呼ばれた男 BS日テレ ~
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

勝栄二郎 勝海舟 [政治]

勝栄二郎 勝海舟


「勝栄二郎」という人物をご存じだろうか。


かつて勝海舟の子孫だと言う噂が流れた財務省の財務次官で、野田総理を裏で操る「影の総理」とまで言われた財務官僚だ。


かつて、立ちあがれ日本の片山虎之助氏は2011年の参議院予算委員会で鈴木善幸内閣が田中角栄の影響下にあった事を「直角内閣」と呼ばれていたことにならって、野田内閣を勝栄二郎氏の影響下にある「直勝内閣」だと揶揄し、勝栄二郎氏の強い影響力がゆえに、時には野田内閣の事を「勝栄二郎内閣」と言われることもある。


ちなみに霞が関では「勝栄二郎は勝海舟の子孫」と言う都市伝説が流れていたが、勝栄二郎氏自身が2011年8月23日号の雑誌「AERA」の取材で、自分は勝海舟の子孫ではないと、その事実を否定している。


そんな勝栄二郎氏(62)が財務事務次官を近く退任する方向となった。


後任次官については、財務省の真砂(まなご)靖・主計局長(58)の昇格を軸に調整しているという。


消費税関連法の成立を機に人事を刷新して速やかに2013年度の予算編成の作業に臨みたい意向のようだ。

しかし、2012年度予算の執行に不可欠な特例公債法案の成立が不透明のため、人事の発令が9月にずれ込むことも考えられている。


~ 勝栄二郎 勝海舟 ~






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

榊正文 アホ [政治]

榊正文ツイッターで「アホ」発言 

8月に公募で就任したばかりの大阪市の榊正文淀川区長(44)が、ツイッターで榊正文を批判してきた投稿者に対して

「アホか、相当な暇人やな」

と投稿していたことがわかり問題になっている。

l_sk_sakaki.jpg

橋本徹大阪市長は、これまで自身もツイッターや週刊誌などから叩かれ、これらにかなり精通してきた人物と言えよう。

そんな橋本徹大阪市長も今回の榊正文区長の対応に対し

「アホという言葉遣いは許されない。すぐに注意する。」

「(区長)は公選職ではなく一般職であることを認識しないといけない。僕と同じやり方は許されない。」

と指摘し、今回の「アホ」投稿は処分の対象となることを示した。

榊正文区長は7月31日にも居酒屋でお笑い芸人の笑福亭鶴瓶さんと口論になり、

「オレは新区長やねんぞ!」

などと言ったと区関係者がツイッターで漏らしており、居酒屋の常連客もほとんどシラフの鶴瓶さんに酔っぱらった榊正文区長が絡んで口論になたと語り問題になっていた。

ツイッターはうまく使えば情報の発信や収集に非常に効果的だが、一歩使い方を間違えるとどんでもないカウンターパンチを食らうことになるようだ。

榊正文区長自身の発信に対してだけなら今後注意もできるだろうが、身内の区関係者に余計な情報を発信するものがいるとは、いやはや前途多難である。

~ 榊正文 アホ ~

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

鹿児島県知事選挙は原発擁護の伊藤氏が再選 [政治]

鹿児島県知事選挙は原発擁護派の伊藤祐一郎氏(無所属・現)が3回目の当選を果たした。

任期満了に伴い8日に行われた鹿児島県知事選挙では、直前に関西電力大飯原発(福井県おおい町)3号機が昨年の東京電力福島原発の事故後初めて再稼働をしており、県内の原子力発電所(薩摩川内市)の再稼働の是非について注目が集まっていた。

大飯原発の再稼働が6月に決まっていただけに、鹿児島県知事選挙は世論を二分している原発問題での事実上の住民投票の意味合いがあった。

原発支持派は夏の季節の経済的に苦しい電力供給カットを恐れて発電の維持を求めており、反対派は福島原発事故以前の安全基準への疑問を指摘していた。

今回の鹿児島県知事選挙の結果は、全国的に見れば反原発のムードは濃いものの、原発を受け入れている地方の自治体は住民の雇用や助成金に依存していることや、電力を不可欠とする産業に逃げられるとの懸念から脱原発には消極的であるという事を意味しているといえる。

日本では今後数カ月中に、原発問題が中心となるであろう一連の選挙がおこなわれる予定で、この問題は現在国会で進められている消費税引き上げの問題よりも有権者を二分するとみられている。

観月中に行われる山口県知事選挙では、反原発の活動家候補が全国の活動家からの支援を集めており、もし当選すれば山口県で進められている原発の建設が中止される可能性がある。

またこの山口県知事選挙には現職県知事は出馬しない。

この他、原発を抱える別の二つの県でも年内に選挙があり、さらに四県では来年に選挙がおこなわれる。

最近毎週金曜日に首相官邸前で行われているデモもメディアに取り上げられており、今回の鹿児島県知事選挙で原発擁護派が勝利を収めたことで、逆に次の山口県知事選挙やその後の知事選では反原発派の勢いが増すことも考えられる。

現在日本に存在している50基の原発は昨年3月の福島原発事故以降、全てが停止されていた。

今回の鹿児島県知事選挙では原発問題が争点の中心となり、当選した伊藤氏は鹿児島経済における川内原発の重要性を訴え、これに対して反原発団体代表の向原祥隆候補は原発の閉鎖を求めていた。


【送料無料】 ある歌人の「脱原発」二十余年の手記から / 今全楽 【単行本】



【送料無料】 脱原発のエネルギー計画 / 藤田祐幸 【単行本】



【送料無料】 原発が日本の破滅を救う 京都議定書必勝法 / 長尾秀美 【単行本】



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

東京都石原都知事、尖閣諸島購入の意向をあらためて表明。 [政治]

東京都の石原慎太郎都知事は7日、野田政権による沖縄県・尖閣諸島の国有化方針をめぐり、地権者側が尖閣諸島の売却に難色を示していると記者団に明らかにした。

同時に石原都知事は東京都による購入方針を変えない気候も表明した。

尖閣諸島の領有権を主張する中国政府が反発を強めており、国有化へ難航は避けられない見通しだ。

石原都知事は今年春ごろ、野田義彦首相と会談した際、尖閣諸島を東京都が一旦購入した後、国に譲り渡す案を持ちかけた経緯も明らかにした。

しかし首相は明確な返答を避けたという。

石原都知事によると、政権幹部はすでに地権者の男性と濃く硫化方針をめぐり接触している。

石原都知事は地権者側から「国が(交渉に)来たが、石原さんにしか売らない」との連絡を受けたと説明した。

同じ地権者が別の関係者に「国と交渉する気持ちは一切ない」と伝えている事も共同通信の取材で判明した。

この地権者は民主党政権の中国外交や安全保障政策に不信を漏らしているとされる。

一方、中国外務省は7日、野田政権の尖閣諸島国有化方針は「不法で無効」と反発し、台湾当局も日本政府の対応を批判した。

尖閣諸島をめぐり日本政府は一貫して「わが国固有の領土で、領有権問題はない」との立場を示している。

2010年9月には尖閣周辺海域で中国漁船が停泊を求めた海上保安庁の巡視船に衝突し、海保が船長を逮捕したのを機に、日中間の外交問題に発展した。

石原都知事は今年4月の訪米中に東京都による購入方針を表明した。



尖閣諸島 どうする日本/江戸雄介【RCPmara1207】 【マラソン201207_趣味】



【送料無料】 日本人が行けない「日本領土」 北方領土・竹島・尖閣諸島・南鳥島・沖ノ鳥島上陸記 / 山本皓一 【単行本】



【送料無料】尖閣喪失



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

辻恵、階猛両議員らが「ひるおび」出演中にニュース速報!? [政治]

辻恵、階猛、松崎哲久、大谷啓氏ら小沢グループの議員4名がTBSの情報番組「ひるおび」に出演中、突然次のようなニュース速報が流れた。

「小沢元民主党代表が離党届を提出」

階猛議員は離党はしないとはっきりと言った一方で、辻恵議員の答えはうやむや、、、

一方で松崎・大谷両議員は

「反対票を投じた時点で覚悟はできている」

と小沢氏と行動を共にする事をはっきりと意思表示した。

辻恵・階猛氏と言えば共に二文字の弁護士で小沢氏の助さん角さんと言われる二人。

小沢氏にとっては、両懐刀が同調しなかったことで内閣不信任案の提出可能人数に達しなくなってしまった。

まさに寝耳に水。

辻恵・階猛両議員は、本日輿石幹事長と面会をしたと話し、階猛議員は

「最後の最後まで小沢さんや各議員に対して党に残ってくれるように説得をした。二大政党制の確立を強固にするために、党に残る事を選択すべきだ。もし小沢さんが離党しても党に残る。もちろん除籍となれば別だが、、、」

と、明確に民主党に残ることを表明した一方で辻恵議員は、

「小沢さんは本来の民主党に戻すと言っていて、それまでは力を尽くしていきたい。現時点では小沢さんと輿石さんとの話し会いを見守りたい。」

と、うやむやに、、、

そして出た速報を受けて、松崎議員が

「離党届をあずけてある」

と発言したことに対して階議員は

「そもそも書面を書いたからと言っても法的には有効ではない、本人はここにいるのだから、委任状がひつようだ」

と、弁護士らしい伝家の宝刀を抜いた。

後に辻恵議員も会見にて

「小沢氏にペーパーは渡したが離党はしない。知らなかった。」

と発言している。

「じゃぁ、書くなよ、、、」

と、あちこちから声が聞こえてきそうな笑い話である。



【送料無料】 わが友・小沢一郎 / 平野貞夫 【単行本】



闇将軍 野中広務と小沢一郎の正体 講談社+Α文庫 / 松田賢弥著 【文庫】



【送料無料】小沢一郎の本心に迫る



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
プロバイダ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。